東京都で探偵事務所に配偶者の不倫相談を行い尾行調査して証拠を見つけます

東京都で不倫相談は探偵事務所に無料で行えますので安心できます

MENU

東京都で探偵が不倫相談の調査で開始するフローと要旨

不倫に関する調査を探偵事務所にタダで相談を頼んだ、調査した趣旨を伝えて査定額を出してもらいます。

 

調査方法、調査した訳合、予算金額に同意できたら事実上契約は結びます。

 

実際に合意を締結いさしましてリサーチがスタートします。

 

不倫調査は、2人組みで進める場合が通常です。

 

場合によっては、頼みに受けましてひとかずを適応させていただくことはOKです。

 

探偵事務所での不倫調査では、リサーチの間にちょこちょこリポートがまいります。

 

ですから不倫調査の進捗した状況を常時知ることが可能ですので、常に安心することができます。

 

 

当探偵事務所の調査のご契約の中では日数が定めてあるので、決められた日数の不倫調査が完了したら、調査内容と結果を一緒にした依頼調査報告書が入手できます。

 

不倫調査報告書には、詳細にわたりリサーチした内容について報告されて、調査中に撮影された写真などが同封されます。

 

依頼を受けた調査の後に、訴訟を起こすような場合、今回の不倫調査結果の調査した内容、写真とかはとても大切な証明です。

 

調査を我が探偵事務所に依頼する狙い目としては、この肝要な証明を掴むことがあります。

 

万が一、報告書の調査結果の内容がご満足いただけない場合は、調査続行の申し出をする事もやれます。

 

依頼された調査結果報告書に承知していただいて依頼契約が完遂した場合、以上によりこの度依頼された不倫調査はすべて完了となり、とても大事な探偵調査証拠は当探偵事務所にて抹消させていただきます。

 

東京都の不倫相談の後に探偵スタッフが決定的な証拠を裁判官に提出してくれます

不倫調査といえば、探偵事務所の事が想像されます。

 

探偵という仕事は、お客様からの不倫の調査依頼を受けて、周辺の聞き込みや、ターゲットの追跡、監視などの様々な方法を使い、依頼された目標の所在や行為の情報を寄せ集めることが仕事としています。

 

探偵の依頼内容は色々あり、そのほとんどは不倫調査です。

 

やはり不倫の調査はそれだけあるのですね。

 

シークレット性が高いとされる探偵仕事は、不倫調査にはピッタリといえます。

 

プロに不倫の調査依頼をしたら、その道のプロの知恵、技術等を用いて、ご依頼人様が必要とされる情報や証拠を収集して提出します。

 

不倫調査等の調査依頼は、以前まで興信所に調査依頼するのが普通でしたが、前と違いまして相手の身元確認や雇用調査がほとんどで、一般的な探偵業のような裏で動くのではなく、狙いの相手に対し、依頼を受けて興信所より来た調査員であることをお伝えします。

 

しかも、興信所という場所はそれほど事細かく調査をしません。

 

ごく親しい友人へ依頼に関する聞き込みするだけということもしばしばあります。

 

 

ここ何年かの不倫の調査依頼は、ターゲットに気づかれないように、詳しく身辺調査をしてもらいたい依頼がほとんどなので、探偵の方が向いて大きいですね。

 

探偵会社にへ関する法は前は制定されていませんでしたが、危険なトラブルが多かったことから平成19年6月に探偵業を取り締まる法律が制定されました。

 

その事により、所定の届出を提出しなければ探偵としての仕事が禁止されています。

 

そのためクリーンな探偵業の運営がすすめられていますので、信用して探偵調査を依頼することが可能です。

 

不倫問題の可能性があった時ははじめに探偵を営むものに相談してみることを推奨したいと考えます。

 

信頼の探偵事務所はコチラ

 

⇒今すぐ無料で相談できます

東京都で探偵に不倫の調査を要請した時の料金はいくらかかる?

不倫を調査する必要なのは探偵に対した依頼ですが、手に入れるためには裏付等を施術が納得できなかった場合に、有効な分、代金が上昇する動きがあります。

 

むろん、ご依頼いただく探偵事務所等によっては値段が違いますので、よりいくつかの探偵事務所があった際にはそのオフィスごとに料金は変わっているでしょう。

 

不倫リサーチの場合は、行動する調査として調査員1人につき一定の調査料が課せられます。探偵の人数が増えますと調査料金が増えた分だけ高くなってしまいます。

 

目標の調査には、尾行のみと結果だけの簡易的な調査と、予備の調査と探偵に必要な特別機材、証拠になるVTR、報告書で提出する「基本調査」があります。

 

行動調査に代金は、1時間ずつを単位と決めています。

 

 

規定時間を超えて調査する場合には、延長費用が必要に応じてかかってきます。

 

調査する人1名にずつ大体1時間から延長料がかかります。

 

尚、車両を運転する場合ですが車両を使用するための費用がかかってきます。

 

1台×日数ずつです。

 

車両の台数によって必要な費用は変わってきます。

 

それに、交通費やガソリン代等調査するのに必要な諸経費も必要になってきます。

 

 

それと、現場状況に合わせて、調査に必要な特殊機材などを使用する時もあり、そのための別途、費用が加算されます。

 

特別な機材の中には、赤外線カメラやカムフラージュカメラ、隠しカメラ、盗聴器、カメラと連動したモニター色々な機材が使用できます。

 

探偵では様々な特殊機材を使用して高いスキルで問題解決へ導くことが必ずできるのです。